本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

8

0

見放題

※この動画は、見放題コースご契約の方のみ視聴ができます

ご契約済みの方は、ログインして視聴

おんがくでうごこう

【ねらい】
耳で聴いて感じたことを身体で表現する。

【育成する力】想像力/感性/表現力
【所要時間】10分~
【指導対象年齢】4歳以上
【必要なもの】歌詞の無いクラシック曲
【人数】何人でも


【指導のポイント】
・曲から感じるイメージや雰囲気を、あまり考えすぎず自由に即興的に行うこと。
【やり方】
① 音楽を流します 。
② 音楽から感じたイメージを思い思いに身体で表現してみましょう。音楽は子どもたちの様子を見ながら キリの良いところで止める
いくつかの違う曲調のもので何度か行ってみましょう。
曲の一例
・『 くるみ割り人形 』 より 「 中国の踊り 」
・『 白鳥の湖 』 より 「 情景 」
・リムスキーコルサコフ 「 熊 蜂の飛行 」
・ヴィヴァルディ 『 四季 』 より 「 春 」
・R シュトラウス 「 ツァラトゥストラはかく語りき 」 冒頭
・シュトラウス1世 「 ラデッキー行進曲 」
・ムスルグスキー 「 はげ山の一夜 」

【育む力】
見る力 ☆☆☆☆☆ 分かる力 ☆☆☆☆☆
聞く力 ★★★★★ 考える力 ★☆☆☆☆
感じる力 ★★★★★ 伝える力 ★★☆☆☆
思う力 ★★☆☆☆ 見つける力 ★★☆☆☆
話す力 ☆☆☆☆☆

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録すると、コメントできます。

もっとみる